2009年05月28日

雉がつがいで

 昨年、近所の川で「ヌートリアらしきものを見た」と日記に書きましたが。

 今度は、雉を見ました。

 kiji.JPG

 遠くから見た時は二羽いたのですが、私の姿を見てから警戒の鳴き声を上げ、雌らしい一羽を逃がしてしまいました。

 雌はよたよたと逃げるのが遅くて、オトリ役になっている雄をやきもきさせているようでした。

 kiji2.JPG

 雉と言えば、子供の頃に山にキャンプに行った時、山でおじさん達が竹で編んだ籠を持っていたので「何をする籠ですか?」と訊ねたら、「ぼーっとしてる雉を、これをかぶせて捕まえる。簡単や」と答えが帰ってきたことがありました。
 
 その時は「へ〜」と思っていたのですが、おじさん達は私に会った時「ギョッ」とした顔をしていたので、無許可で雉を捕獲していたのかもしれませんね。
タグ:きじ
posted by ryokoubato at 02:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。